よぼしょぼ「古書籍の電子化と古書籍解説」案内

去る三月十三日より小社發行の電子書籍の一部がご提供出來ない事態が生じてゐましたが、このほど、復舊致しました。ご迷惑、ご不便をおかけしましたこと、お詫び申しあげます。今後とも、倍舊のご愛顧をお願ひ申し上げます。三月二十四日。


◎小社の電子書籍はいづれも、一般的なパソコン等で、あるいは電子書籍閲覧機器で閲覧できます。パスワードを問はれる場合も、「讀み取り專用」を選擇して閲覧出來ます。機器や閲覧ソフトにより、編輯表示が亂れる場合がありますが、御了承下さい。詳しくは、機器に付属の説明等を御覧下さい。

特別割引價格 小社刊行の電子書籍を古文書學習會や講讀會のヘ材に御利用下さい。同一電子書籍を複數必要な場合は特別割引價格を考慮しますので、ご相談下さい。電子書籍の一部分のみの複冩もご相談下さい。文書による許可無くして複冩することは出來ません。
  本篇と解讀篇をまとめて、あるいは、上中下一式など、まとめて複數件の電子書籍を御購入の場合もご相談下さい。

◎御注文は 有限會社與野書房


平成二十九年の電子化出版物
『伊賀松風荒木傳四・解讀』 (e-2917) (六月二十日、新規追加しました。)
docワードファイル、4.87MB

税抜き定價・五千圓

    本書は劍豪荒木又右衞門を主人公とした講談『伊賀松風荒木傳(いがのまつかぜ・あらきのつたへ)』の手書き本、第四巻の解讀を試みたものである。本書の原本は第四があるのみで、全體の姿は判らない。しかもこの巻の全體が下部を著しく損傷してゐて、すべての丁の行末は不明であり、殘存してゐる丁の最後の文章も途切れてゐるので、第四の以下の缺落の程度がどれほどかも不明である。この第四で語られる話は、又右衞門の弟子の喧嘩屋五郎右衞門、ただし本書では五郎左衞門と表記されてゐる、が森嶋伴十郎に闇討ちされ、五郎左衞門の息子が荒木又右衞門の指導の元で敵討ちをする場面である。
  この電子書籍では原本をページごとに縮小畫面で示し、原文をパソコン登録文字で再現し、その讀みと意味を示した。


『冩本於六櫛木曾仇討解讀篇・電子版』 (e-2913)
電子化古書籍
ワードファイル
22.5MB

税抜き定價・壹萬圓

  この解讀篇は、天保十三年の筆冩本『於六櫛木曾仇討』のすべての頁を縮小掲載して解讀したものである。元になつた筆冩本の大元は、文化四年刊行の山東京傳作『於六櫛木曾仇討』で、繪を中心とした繪本であるが、筆冩本は文字のみである。その文字も刊本の忠實な冩しではなく、話の筋は保つたままで、表現を變へたり、内容を詳しくしたりしてゐる。
  參考のため、文化四年の刊本『於六櫛木曾仇討』の本文全部の讀み下し文を巻末に併載した。


『於六櫛木曾仇討・電子版』 (e-2912)
電子化古書籍
jpg畫像ファイル
合計ファイル一式、合計136件、17.6MB

税抜き定價・九千圓

  この電子書籍は、筆冩本『於六櫛木曾仇討』のすべての頁を電子畫像化したものである。原本には汚れや損傷がある。原本の綴ぢを解き、畫像化した。
  『於六櫛木曾仇討』は文化三年、山東京傳の作で、四年に刊本が出されてゐるが、この電子書籍の原本は、刊本から筆冩を重ねたものらしく、大筋は變はらないが、細かく觀ると表現を變へたり、加へたりしてゐる。刊本と原文を参照できる方は、刊本と筆冩本の違ひを見比べて讀むのも樂しみの一つといへよう。刊本にある繪は無い。
  本書物語の内容概要は次の通り。近江國の大名、甲賀三郎の家臣、鶴見多聞の妻、久方に横戀慕した午嶋大之進は、多聞を木曾の山中で闇討ちにするが、久方は靡かぬので、久方の親、諸笠外記右衞門を謀略で自害させて家を斷絶させる。多聞の家來、又八と谷助は久方母子を連れて迯るが、母子は大之進に殺される。又八と谷助は手分けして主人の敵を求めて旅に出るが、岩助は返り討ちにあふ。又吉夫婦は淺草觀音の助言で木曾山中へ這入り、仇討ちの機會を待つ間、妻の於六は、櫛を造り賣つたところ、「於六櫛」と評判を取る。また、又吉は觀音のお告げで山中で生き殘つてゐた主人の息子、幸太郎と再會し、後に一緒に大之進を討ち取り、鶴見の家を再興させ、自分も仕官するなど、萬々歳の結末となる。


『野總茗話・電子版』 (e-2911)
電子化古書籍
jpg畫像ファイル
合計ファイル一式、合計64件、11MB

税抜き定價・八千圓

  この電子書籍は、平成前百四年(明治十八年)に筆写された、「野州後學常盤潭北 述」とある談話集を電子畫像ファイルにしたものである。
  書名の「野總」は下野、上総、下総を意味すると見られる。「茗」は茶の樹を指すので、「茗話」は茶飲み話である。述者の名「常盤潭北」は、「ときわたんぼく」と讀むのであらうが、下野出身の學習者で、常陸國の霞个浦の北方の住人を思はせる。この述者名と書名からは、現在の千葉、茨城、栃木の各縣域に及ぶ廣い地域の輕い話を集めたものを想像させるが、その内容は、「理と道」、「孝行」、「君父の恩」、「神道」、「佛法」、「老莊」、「性善」、「性と理と心」、「懦弱」、「去私」そして「他人の爲に謀る」といつた、人の世を生きるための考へ方や、行ひについての話題。


『老老恒言・電子版』 (e-2909)
電子化古書籍
jpg畫像ファイル
合計ファイル一式、合計169件、37MB

税抜き定價・壹萬圓

  この電子書籍は、平成前二百十六年(乾隆三十八年)に清の浙江・嘉善の人、慈山居士曹庭棟が著した『老老恒言』を同郷の人、金安清が序文を足して、平成前百十九年(同治九年)頃に刊行した上下二冊本を電子畫像ファイルにしたものである。
  老年期における生活全般の指針。
  原書の外形は、天地二百九十八ミリ、左右百五十二ミリ、上下二冊、和綴ぢ本。印刷用紙は表紙も本文紙も、支那大陸の紙なので、弱く、印刷の段階で、破れを雜に繼いであり、表紙の題箋は剥落こそしてゐないが、擦り傷みがある。下巻には大きな蟲喰ひがあるが、文字には及んでゐない。
  版面の天地と綴ぢ代側の喉を大きく空けて印刷してあるので、今囘の電子化に當り、本文は、丁を開いて印字部分のみを電子化した。原本の空白部分には書込などは一切無い。


『伊賀越仇討・電子版』  (e-2908)
電子化古書籍
jpg畫像ファイル
合計ファイル一式、合計72件、38MB

税抜き定價・九千圓

  この電子書籍は、作者、版元、年代、いづれも不明の繪入り二冊本、『伊賀越仇討』を電子化したもの。内容は、渡邊數馬と荒木又右衞門の河合又五郎に對する伊賀上野鍵屋の辻での上意討ちを物語にしたもの。
  原本には蟲喰ひ損傷、紙の破れなどがある。綴ぢ代が淺く、喉元が讀み辛いので、綴を解き、畫像化した。


尾關正求著『數學三千題解式』(電子版)  (e-2907)
電子化古書籍
jpg畫像ファイル
合計ファイル一式、合計137件、15.7MB

税抜き定價・五千圓

  このファイルは明治二十三年九月の訂正四版の「數學三千題解式」の全ての丁を畫像化したものである。内容は、上中下巻に掲載したは全て記述式の問題に對する囘答數式。これで、『數學三千題』の四巻一式が電子化されたことになり、御利用し易くなりました。


尾關正求著『數學三千題下』(電子版)  (e-2906)
電子化古書籍
jpg畫像ファイル
合計ファイル一式、合計173件、28MB

税抜き定價・五千圓

  このファイルは明治十五年再版の「數學三千題下」の全ての丁を畫像化したものである。内容は、上中巻に續き、累乘、開平、開立、級數、求積の計算で、それぞれ最初の數ページで算用數字の計算式を示して解法の模範を示し、後は全て記述式の問題集。


尾關正求著『數學三千題中』(電子版)  (e-2905)
電子化古書籍
jpg畫像ファイル
合計ファイル一式、合計186件、26.8MB

税抜き定價・五千圓

  このファイルは明治二十四年十二月訂正八刻出版の「數學三千題中」の全ての丁を畫像化したものである。上巻の内容は、加減乗除、四則應用、分數の加減乗除、少數の加減乗除、およびそれらの應用問題であつたが、中巻の内容は、單比例、合率比例、鏈比例、按分比例、單利法、重利法、和較比例の計算で、それぞれ最初の數ページで算用數字の計算式を示して解法の模範を示し、後は全て記述式の問題集。


『敵討九里廼伊賀越・電子版』 (e-2904)
電子化古書籍
jpg畫像ファイル
合計ファイル一式、合計64件、55.3MB

税抜き定價・八千五百圓

  本書は、『伊賀越道中雙六』で知られた渡邊數馬と荒木又右衞門による、伊賀國上野の鍵屋の辻での敵討ち事件の繪本小説の一つ。
  原本は寛永十一年、平成前三百五十五年、十一月七日、伊賀國上野城下、鍵屋の辻で行はれた渡邊數馬と荒木又右衞門による河合又五郎に對する上意討ちの事件を下敷きにした繪入り讀み物のひとつ。庶民向けの讀み物として、本文はすべて平假名である。


『武道白石英・電子版』 (e-2903)
電子化古書籍
jpg畫像ファイル
合計ファイル一式、合計246件、36.5MB

税抜き定價・一万八千圓

  本書は、奧州仙臺藩の白石城主片倉家の家臣、高木折右衞門が全國を武者修行する物語。本書の電子化の元となつたのは、筆冩本で、三巻ある各巻頭に夫々、貸本屋の印かと思へる墨の印あり。第三巻の巻末には、「此書奧州白石の家士長尾氏所持の本を漸求免て武州深川の隠士南郭齋の窓下ニ写し侍る」とある。


伊藤博文『帝國憲法皇室典範義解』電子版 (e-2902)
電子化古典書籍
jpg畫像ファイル
合計ファイル一式、合計186件、27MB

税抜き定價・五千圓

  天皇陛下の退位御意向があり、憲法改正論議が始まり、占領下で強制された不法憲法および不法典範への疑問と正當帝國憲法、本來の皇室典範への關心が高まつてゐる今、ここに伊藤博文の『帝國憲法皇室典範義解』を電子化して出版する。
  原本には奧書は無く、出版元も不明だが、前書きに、「明治二十二年四月、伯爵伊藤博文」とある。


『武功記一・解讀(電子版)』 (e-2901)
電子化古典書籍
ワードファイル
合計ファイル一式、9.5MB

税抜き定價・五千圓

  著者や作成年は不明の繪入り端本『武功記一』の解讀と解説。


古書籍および稀覯本の電子化
稲垣景直『至孝自然生』(電子版) (e-2710)
電子化古書籍
jpg畫像ファイル
合計ファイル一式、合計62件、6.8MB

税抜き定價・五千圓

  このファイルは天明四年に伊賀國文弘堂出版の稲垣景直著『至孝自然生』の表紙を含め、本文を畫像ファイルにしたものである。扉の肩書きには「伊賀國東條村孝子留松傳」とある。原本の裏表紙には、「孝子留松建碑事務所」の朱印があり、同事務所の舊藏本であることが判る。背の天地などに痛みがあるが、版面部分は綺麗に保たれてゐる。


『至孝自然生・解讀篇』(電子版) (e-2801)
電子化古書籍
ワード文書ファイル
合計ファイル一式、合計2件、8.5MB

税抜き定價・九千圓

  このファイルは稲垣景直著『至孝自然生』の全部の記事を解讀したもの。各ページごとに、原文を活字化し、その讀みを施したうへで、原文の意味を現代文で表した。既に小社から出してゐる(e-2710)稲垣景直『至孝自然生』(電子版)(未課税定價 五千圓)を併はせて開き、御利用いただくことで、原文とその解説との照合作業が簡便となります。


綽堂先生『古文孝經』(電子版) (e-2715)
電子化古書籍
jpg畫像ファイル
合計ファイル一式、合計37件、9.1MB

税抜き定價・參千圓

  このファイルは奧書に「明治十六年十二月廿四日御屆、原版主 栗田東平、翻刻人 若林宗七、發兌 文叢閣、書肆 廣文堂」とある「綽堂先生『改正音訓古文孝經』」の全てのページを畫像ファイルにしたものである。
  原本の表紙の傷みは酷いが題箋は剥落せず、姿を保つてゐる。中味は黄ばみや汚れがあり、本文第三丁は小口の一部が磨耗缺如してゐるものの、蟲喰ひは比較的少ない。
  本文の上段に主な漢字の讀みが反切で示されてゐる。


溪百年『孝經餘師』(電子版) (e-2712)
電子化古書籍
jpg畫像ファイル
合計ファイル一式、合計53件、7.1MB

税抜き定價・五千圓

  このファイルは奧書に「天保十四年癸卯季冬發市 北本所表町 東都書肆 菊地虎松板」とある「讃岐溪百年先生述 經典餘師 孝經之部全」の全てのページを畫像ファイルにしたものである。
  原本の題箋はすでに剥落してゐる。中味は黄ばみや汚れがあるものの、比較的保存がよい。


『武鑑』(電子版) (e-2713)
電子化古書籍
jpg畫像ファイル
合計ファイル一式、合計174件、65.6MB

税抜き定價・五千圓

  このファイルは書名不明、刊行年不明、版元不明、巻頭部分および巻末部分の缺落した武鑑の第十七丁から第百七十七丁を畫像ファイルにしたものである。丁によつては、汚れ、擦り減りなどがあり、全體は黄ばみ、くすみがある。第百三十九丁には、「溜間 弘化元辰年十二月家督 酒井與四郎」といふ記事があるので、弘化二年頃の刊行と見られる。
  利用の便を考へ、目次を作り、巻頭に添へた。


十返舎一九『萬代用文』(電子版) (e-2711)
電子化古書籍
jpg畫像ファイル
合計ファイル一式、合計45件、21MB

税抜き定價・五千圓

    このファイルは刊行年は不詳だが江戸の馬喰町二丁目の書店、山口屋藤兵衞が刊行した十返舎一九撰の『通用早便利萬代用文全』の本文を畫像ファイルにしたものである。   内容は往時の主な年間行事に關する手紙文とそれに對する返信の文を掲げ、巻末に火事見舞ひと謡ひ初め案内の手紙文を添へてゐる。


鎌田梁洲『觀瀑圖誌』(電子版) (e-2709)
電子化古書籍
jpg畫像ファイル
合計ファイル一式、合計135件、15MB

税抜き定價・八千圓

  このファイルは明治十五年、三重縣伊賀國名張の淡水社から出版された『觀瀑圖誌』を畫像ファイルにしたものである。本書は伊賀大和の國境にある、いはゆる「赤目四十八瀧」を繪と漢詩で紹介したものである。著者は藤堂宮内家の家老で、文化十年生まれ、明治八年没の漢學者。種々の書體の文字があり、書道の手本としても利用できる。


『江戸相場早割塵功記』(電子版) (e-2708)
電子化古書籍
jpg畫像ファイル
合計ファイル一式、合計88件、36MB

税抜き定價・五千圓

  このファイルは、往時、算術ヘ科書として種々の類似本が刊行された『塵劫記』の一つを畫像ファイルにしたものである。畫像を撮つた原本の保存状態は惡く、扉など巻頭部分は磨り減りや破損があり、奧付は缺落し、本文中にも幾つか破損箇所あり。丁の版芯に「増益」とあるので、「増益」を冠する他の版本の版木を流用したものかもしれない。


日本百将傳『古状揃講釋』(電子版) (e-2707)
電子化古書籍
jpg畫像ファイル
合計ファイル一式、合計56件、31MB

税抜き定價・五千圓

  このファイルは、往時、種々の版本で刊行された『古状揃』の一つを畫像ファイルにしたものである。版面の上段に「日本百将傳」を掲載してゐる。畫像を撮つた原本の保存状態は惡く、扉や奧付は缺落し、指による擦れ損傷による破損、文字の薄れ、黄ばみや汚れがある。漢字の全てに振り假名があるので、古文書初級學習の練習帳にも利用されたい。


尾關正求著『數學三千題上』(電子版) (e-2706)
電子化古書籍
jpg畫像ファイル
合計ファイル一式、合計174件、39.4MB。
税抜き定價・五千圓

  このファイルは明治十五年に岐阜三浦源助により出版された「尾關正求著、再版數學三千題上」の全ての丁を畫像化したものである。内容は、加減乗除、四則應用、分數の加減乗除、少數の加減乗除、およびそれらの應用問題で、それぞれ最初の數ページで算用數字の計算式を示して解法の模範を示し、後は全て記述式の問題集。


劉卜子著『暦日講譯』(電子版) (e-2705)
電子化古書籍
jpg畫像ファイル
合計ファイル一式、合計32件、11MB

税抜き定價・五千圓

  このファイルは、安政三年、江戸の青雲堂で刊行された、劉卜子著『新増改正暦日講譯』を畫像ファイルにしたものである。原本の保存状態は比較的に良いはうであるが、指による擦れ損傷による文字の薄れ、黄ばみや汚れがある。十干十二支、七曜星、二十四方位、八将神、二十八宿などの説明と占ひでの意味などを解説してゐる。


新井白蛾著『易學小筌』(電子版) (e-2704)
電子化古書籍
jpg畫像ファイル
合計ファイル一式、合計104件、30MB

税抜き定價・五千圓

  このファイルは、文化二年、江戸の文龜堂で刊行された、新井白蛾著『増補定本易學小筌』を舊藏者のメモ書きともに畫像ファイルにしたものである。原本の保存状態は比較的に良いはうであるが、一部、蟲喰ひによる損傷や、黄ばみ、汚れがある。また、舊藏者の蔵書印もある。また、舊藏者のメモ書き「蓍ヲ取ルノ口傳」一葉が挾まれてゐたので、これも畫像ファイルにして巻末につけた。


物集高見著『かなづかひヘ科書』(電子版) (e-2703)
電子化古書籍
jpg畫像ファイル
合計ファイル一式、合計39件、13MB

税抜き定價・六千圓

  このファイルは、明治大正の國學者、物集高見による假名遣ひのヘ科書である。序文によると、東京大學および東京師範學校での講義ノートで、華族女學校でもヘ授することになつたのを機會に出版したもの。正式仮名遣ひのヘ科書。明治十九年、十一堂刊行。筆者は、弘化四年生まれで、昭和三年没。昭和六十年に百六歳で没した國文學者、物集高量(たかかず)は長男。


『女大學寶文庫』(電子版) (e-2702)
電子化古書籍
jpg畫像ファイル
合計ファイル一式、合計35件、6.2MB

税抜き定價・四千圓

  この電子ファイルは天保十三年、江戸の版元、和泉屋市兵衞と山本平吉により出版された手習のヘ科書を在り姿のまま畫像化したものである。「女大學」は幼女のヘ科書として盛んに用ゐられ、樣々な版が知られてゐるが、これは習字手本として刊行されたものである。何人もの幼女の手に使はれ、扱ひも雜で、墨のよごれ、藥品か何かの焼けによる汚れと穴あき、指の擦れによる損傷、穴あき、全體の汚れなど、保存状態は酷い。書體は標準的で、漢字には全て假名が振つてあるので、古文書學習の實際的な初級ヘ材として活用されたい。


『宋江歴史演義』(電子版) (e-2701)
電子化古書籍
jpg畫像ファイル
合計ファイル一式、合計37件、7.2MB

税抜き定價・四千圓

  中華民國十一年、即ち大正十一年に上海の競智圖書館から出版された講談本を「ジェイペグ」形式で畫像データにしたもの。水滸傳外傳。


◎御注文は 有限會社與野書房
    電話 03-3971-9200
170-0013 東京都豊島區東池袋二丁目二十一番三號三〇三

  弊社への御注文は、郵便、メール等で直接、弊社へお申し込み下さい。電子書籍は御希望のディスク等に一括して書き込み、代金引換郵便、もしくは宅配便など、御希望の方法でお屆けします。電子メールへの添付など、御都合の良い受取方法の御指定や、お支拂ひ方法など御希望があれば、御相談下さい。


與野書房の玄關ページへ  新作電子書籍へ  既刊冊子書籍の電子化へ
この網上葉の履歴
○平成二十九年六月二十日、『伊賀松風荒木傳四・解讀』(e-2917)を掲載。
○平成二十九年五月十日、特別割引價格の御案内を掲載。
○平成二十九年五月九日、『野總茗話・電子版』(e-2911)、『於六櫛木曾仇討・電子版』(e-2912)、『於六櫛木曾仇討・電子版』(e-2912)、および『冩本於六櫛木曾仇討解讀篇・電子版』(e-2913)を追加。
○平成二十九年三月二十九日、網上葉「販賣中の既刊電子書籍の御案内」の題名を「新作電子書籍」に變更して、この網上葉を新設。

★ 御 注 意 ★
  この網上頁(ページ)およびここから繋がる有限會社與野書房の網上葉(ページ)の著作權は有限會社與野書房が保有してゐます。これらの掲載内容を閲覧するために、網際(インターネット)上から自分の機械へ電氣信號(データ)を取り込んで展開すること、ならびにその内容(データ)を通信(インターネット)を切斷して閲覧するために保存することは出來ますが、それ以外のいかなる複製・複冩・印字・譲渡・貸與行爲をも禁止致します。
  これらの著作權利用を御希望の際は事前に有限會社與野書房までお問ひ合はせ下さい。
  引き紐(リンク)は御自由です。
有限會社與野書房  平成二十九年
CopyRight © 2017 Yonosyobou Co.Ltd.